portraitPP_web.jpg

父も、私も、この壮大な平和運動の成功を

心から祈っております。

 核兵器が恐ろしいものであり、取り返しのつかない壊滅的な結果をもたらすという事実を若い人たちに知ってもらうこと、またこのことを教えることが、とても大事であると私は思っています。私の父が谷口稜曄さんの物語を書いてから31年。その本が現在持っている意義の大きさを知れば、父は誇らしく思うでしょう。核兵器の全廃を推進するという谷口さんの生涯の努力を、私は心から支持します。第二次世界大戦を戦った戦闘機操縦士の娘として、私は我が子と孫たちが戦争のない、核兵器の恐怖のない人生を送ること、そして人類が二度とこのような恐怖に耐える必要のないことを祈っています。

 

イザベル・タウンゼント(ピーター・タウンゼントの長女、著作権者)

I believe it is essential to bring awareness and to educate young people on the horrors and the irreversible and devastating consequences of nuclear weapons. Thirty years after my father wrote Sumiteru Taniguchi’s story,  he would be proud to know that his book has never been more relevant. I support wholeheartedly Mr Taniguchi’s life commitment to promoting the abolishment of all nuclear weapons. As the daughter of a fighter pilot who fought in World War II,  I wish for my children and grandchildren that they be able to live a life without war and without the fear of nuclear weapons and for humanity never to have to endure such horrors again.

 

Isabelle Townsend

私たちも、この出版活動を応援しています。